チビ&ポッチャリでもゆるーく
*
ホーム > 活動 > 多重債務者に陥る人の特徴とは!?

多重債務者に陥る人の特徴とは!?

借金を繰り返して多重債務者になる人には、

共通した特徴があります。

 

まずひとつめの特徴としては、

返済の計画が立てられないことです。

 

借金をする前には、金利を計算して毎月どれぐらい返済するのか把握しなければいけません。

 

 

毎月必要になる金額を把握したうえで、

今の自分の収入でも返済できるか考えて、

それで問題がなければ借金をします。

 

もし生活に余裕がなくなりそうなら、

不要不急な借金はしないようにするのです。

 

 

また、多重債務者になる人は、まず金利を計算しません。

 

そのため、毎月どれぐらい必要になるのか把握しておらず、

期日が近づいてきてから慌てることになります。

 

 さらにはたとえ把握していたとしても、収入とのバランスを考えていません。

 

バランスが悪くて生活に余裕がなくても、

「なんとかなるだろう」という曖昧な根拠を持っているために、

返すことができなくなるのです。

 

結果的に期日に間に合わなくなり、借金を返すためにまた借金をするという、

多重債務者にありがちな間違いを犯すことになります。

 

 計画をしっかり立てられる人は、

期日に間に合わないときは素直に消費者金融などの相手に連絡をします。

 

連絡を受けた消費者金融は、無理に取り立てるようなことはしません。

 

 

確実に返済ができるように、

親切に相談に応じてくれることもあります。

 

期日の変更や利息だけの支払いにしてくれることもありますから、

絶対に相談しなければいけません。

 

 

ですが、返済できないと相談するのは怖いと感じてしまい、

相談をせずに何とかしようとして間違いを犯します。

それは賢い借金返済方法とは言えませんね。

 

ある意味では、責任感が強すぎる故の間違いかもしれません。

 

しかし借金問題は、一人で悩んでいても解決することはできません。

 

 家族や専門家に相談していくことによって、

解決することが可能になります。

 

責任感が強く誰にも相談できないのも、

多重債務者によく見られる特徴のひとつです。

 

借金で苦しくて返済できないときには、

一人で悩まずに信頼のできる相手に相談して解決しましょう。


関連記事

多重債務者に陥る人の特徴とは!?
借金を繰り返して多重債務者になる人には、 共通した特徴があります。  ...
テスト
テスト記事です。...